お久しぶりです。

お久しぶりです。
ご存じのようにHXLとしての活動が小さくなって久しいですが、公式サイトやこのブログが閉じる予定は全然ありませんので心配なさらないでください。
今でも時折公式サイトの感想投稿フォームを通じてご意見やスーツの使用依頼なんかがやってきます。ちゃんと目を通して必要があれば関係者に連絡をしております。

で、本日ひとつ面白いご意見をいただきましたので生存報告がてらご紹介させていただくこととします。

—–<引用開始>—–
単刀直入にお聞きしますと、『HXL』でのスタンプ配信などを行う予定はありませんのでしょうか?
スパーキィやネクロマンなど、HXLのキャラクターは愛嬌のあるものが多いです。
現状、発売して採算が見込めるかどうかはわかりませんが、一人のファンとしては『出たら使いたいのにな』と夢想するのです。
—–<引用ここまで>—–

もちろんこれ、全く儲からないとは思うんですがヘ(゚∀゚ヘ)、
やるには最低40個のスタンプ画像と他2枚の画像を起こせばいいので、必要なマンパワーを考えてもできなくもない話ですね。
少し検討したいと思います。面白いご意見ありがとうございました!

広石 匡司(管理者)
カテゴリー: 製作日誌 — 23:25  コメント (0)

2012年10月の雑談

といっても10月終わりかけですが。

最近、公式サイトのアンケートフォームをちょっと変えました。
書き込みが良くあった頃はほぼ毎日チェックして、各先生に定期的にお知らせしていたのですが、活動も止まっている状態ですので書き込みも少なくなり、しばらく放置していました。
しかしたまの書き込みがあったり、それが結構重要な連絡事項だったりしたのに返信が遅れてしまう、といった事があったので、書き込みがあり次第僕の所にメール通知が来るように変更した次第です。
(もしスクリプト使ってspamが連続で書き込まれるような事が起きたらまた仕様変更しますが、今のところ問題ないようです)

で、ある方から下記のようなお問い合わせがあったのですが、返信先が書いて無かった物で、ここを見てくださってるといいなあという希望の元に返信させていただきます。

「最近、pixivで【ぴく~】という企画とかが行われていますが、ヒーロークロスラインでやってみたいと思うのですがダメでしょうか?」

 ええ、特に問題無いと思います。 
確かにHXLで二次創作ガイドラインは正式には設けておりませんが、
勝手に僕の見解を申し上げておきますと、
実際に作家がこれまで描いた物を無断で転載するとか
あきらかにそりゃ法律違反だろ、といった事例でない限りは、
現状同人界で行われているような
良識の範囲内で自由に行っていただいて結構だと思います。
既に何人かの方が同人誌も作ってくださっておりますし。
規模的にも問題が起こるような現状ではないと思います。

広石 匡司(管理者)
カテゴリー: 製作日誌 — 23:17  コメント (0)

ebookjapanでの電子配信開始のお知らせ

お久しぶりです、広石です。

さて、この程、ヒーロークロスラインの既刊シリーズ及び新作が電子書籍として販売されることになりましたのでお知らせしたいと思います。

配信してくださるのは、群雄割拠の電子書籍販売サイトの中でも国内最大級の「eBookJapan」。
(※HXL特設ページができました!)
こちらで配信中のwebマガジン「KATANA」(毎月第3火曜日発売)第53号にて、新作ヒーロークロスライン作品

・「プリマスII」 岡崎つぐお
・小説版「ニードルアイ」  作:新井リュウジ イラスト:村枝賢一
・火星のココロ 馬場民雄

‥‥の3つが連載となります。火星のココロに関しては、2話まではHXL AFTERMISSIONに掲載されたものに描き下ろしページを加えたものを配信、
3話から完全新作の配信となります。

また、これらの作品の掲載に先駆けまして、既刊シリーズもそれぞれ順次単行本として配信される予定です。
決定されている配信スケジュールは以下の通りです。

○5月1日リリース予定
ジエンド 全4巻  村枝賢一
火星のココロ (1)~(3)  馬場民雄
ギャラクティックマンション (1)  なかにしえいじ

○5月8日リリース予定
亡装遺体ネクロマン 全2巻  松本久志
クランド 全2巻  原作:たかしげ宙 作画:松本レオ

○5月15日リリース予定
DARK QUEEN 全2巻  松原あきら
家族戦隊ノック5 全2巻  能田達規
プリマス 全2巻  岡崎つぐお

○5月22日リリース予定
MEAN-遥かなる歌- 全3巻  原作:長谷川裕一 作画:栗原一実
レイズマン・ゼロ (1)~(2)  出月こーじ
ギャラクティックマンション (2)  なかにしえいじ

○5月29日リリース予定
ギャラクティックマンション (3)  なかにしえいじ

○6月19日リリース予定
シンソウガクシャ (1)~(2)  広石匡司

○7月3日リリース予定
銀河ロイド コスモX  原作:関智一 作画:細雪純

以上予定は場合によって変更になることもありますので、ご了承ください。
変更があった場合は随時このトピックを編集して行きます。

紙単行本ではモノクロに変更されていたカラーページが復活していたりしております。
中には、ページ追加などの都合で分冊化されたりしているものもあります。

もはや紙の単行本は手に入れるのが難しい状況が続いておりましたので、
これを機会に、未読のHXL作品をお楽しみいただけると幸いです。

広石 匡司(管理者)
カテゴリー: 製作日誌 — 19:54  コメント (11)

HXL2011年カレンダー通信販売のお知らせ

もう明日1月22日にprojectENJINの江古田でのイベントを控えておりますが、こちらも季節に関係するうれしいお知らせが入りましたのでちょいとお邪魔させてもらいます。

先日の冬コミや、大阪でのコミック☆トレジャーでも販売しました、
『HXL2011年カレンダー』
こちらが、HXLのガレージキット制作でお世話になっている、大阪の(株)グローバルさんの手で通販していただけることになりました!
 

B2版(515mm×728mm)の大型サイズで、表紙は村枝賢一描き下ろし。
 

内容は、これまで1年半をかけて7人の作家が描いた「HXL Information」用イラストの集合になっております。表紙を含めて7枚組、大画面でのヒーローたちの姿はとても迫力があります!
 
ご注文は
こちらのメールアドレスまで、
「HXLカレンダー通販申込」の件名で、送付先の郵便番号ご住所氏名電話番号メールアドレス、そしてご希望のカレンダーの本数をお申し付けください。

価格は1本の場合本体2000円と送料500円(全国均一)の合計で2500円になります。複数本の場合は注文時に折り返し合計金額をお知らせします。
恐れ入りますが振り込み手数料はご負担くださいますようお願いいたします。
 
ご購入いただいた方全員に、通販特典としてこちらもB2の大判サイズ、

村枝賢一描き下ろしの
特製『入間涼ダブルサイドポスター』
をお付けします!

詳細はメールでご注文いただいたときに折り返し返信させていただきますが、
一応こちらにも振り込み先、連絡先を記載しておきます。

振込先:
三井住友銀行 泉大津支店 普通 1313973
株式会社グローバル

〒594-0022 大阪府和泉市黒鳥町1-7-10
TEL/FAX:072-524-7293
HP:http://www.eonet.ne.jp/~moa-global/

広石 匡司(管理者)
カテゴリー: 製作日誌 — 19:10  コメント (0)

HXLX2通信販売のお知らせ

かつて2009年夏に『HXLX』(ヒーロークロスラインクロス)という同人誌が発行されました。
謎の同人作家「きたみちお」氏の主導で作られた、ヒーロークロスラインファンの手によるファンのための同人誌です。
 
2010年冬、その続刊である『HXLX02』が作られ、前作にも増して多くの読者の方が参加され、作家一同うれしく思っています。

さらに同時に、「ジャパコミ」さんという読者さんの手によって『すごい多世界を観測します!』という、HXL世界をSF的観点から見つめた設定考証本が作られました。
その2冊が、HXLX2を発行した「FHQ(the Fan HeadQuarters)」さんによって通信販売されるとのことです。僕らにとっても大変うれしいことなので、こちらで紹介させていただこうと思います。
 
 
――――――(以下FHQさんによる紹介文)――――――

ファン制作のファンによるファンのための同人誌「HXLX」の第二弾登場。
発行元が変わっても情熱は衰えません。
12人のファンによるHXLへの情熱溢れる作品をどうぞご覧下さい。
内容も、マンガ、イラスト、小説、さらにCGと多岐に渡り、
この多様性こそHXL同人誌です。
 
 

世界BEE軍団!?
銀殺人はイタリア育ち!?
「銀河大使」コスモナンバーズ!?
――HXL作品に見え隠れする数々の謎をひも解くと、
さらなる驚異の世界が広がっていた!

HXLシリーズ作品を、長谷川裕一先生の名著
「すごい科学で守ります!」の精神に則り考証を試みた一冊。
洒落がわかって理屈好きのHXLファンにお奨めです!
 
 

以上2冊、それぞれ価格は単品、送料込みで
HXLX02600円
すごい多世界を観測します!200円
セットの場合700円です。

お申込はまでお願いします。
FHQ ゆうき
―――――――――――――――――――――――――

広石 匡司(管理者)
カテゴリー: 製作日誌 — 19:00  コメント (0)

コミック☆トレジャー17適当リポート

 去る1月16日、インテックス大阪で行われたコミック☆トレジャー17
東京からは馬場民雄先生とムサ男2人でおじゃましました。例によってロクに写真を撮っておりませんが簡単にリポートでも書いてみます。

 とりあえず交通手段に深夜バスを選んでみました。これから堂々と「HXLどうでしょう班」を名乗るためです。すいません大好きです

僕は大学受験のおり一度乗ったきりで、なんの記憶も残っていません。深夜バス知識は「サイコロ」(水曜どうでしょうの企画)で仕入れたのみです。とにかく寝れなくてケツがもげる地獄らしいです。テンション上がるなあ。
新宿を23:50発でした。

 乗ってみてなるほどでした。深夜バスは棺桶です。
2人掛けの席は思った以上に狭く、となりの見知らぬ青年との体の距離はゼロです。心の距離は遙か遠く離れているというのに。向こうだって迷惑でしょう。うさんくさいヒゲのオッサンの体温が上腕を通して伝わるのです。

発車5分後には有無を言わさず消灯です。車内は遮光カーテンに覆われ、景色は全く見えません。自分の意志と関わりなく空間を移動する、自由という単語とは無縁の暗い箱。うっかり物音を立てたり、携帯の画面を明るく灯そうものなら、すかさず他の乗客の舌打ちが鼓膜に突き刺さる殺伐とした空気に満ちています。ラノベを意識してみました。
身動きすれば先程の青年の睡眠を妨げ、心の距離は加速して離れていくばかりです。アンジェラ・アキを意識してみました。

すいません、なんかおかしなテンションですね。たぶん2週間くらい後で読み返したときに恥ずかしくてベッドを転げ回ると思いますが、さして読んでる人もいないと思うのでこのまま行きます。

出発前の天気予報では「くもりのち雪」との事でした。馬場さんも心配していたのですが、途中立ち寄った土山サービスエリアでその光景が現実に。
 
 

やっと写真がでてきました。これだと大した雪の量に見えなくてくやしいので、違う撮影方法でもう一枚。
 
 

あ、右の方に下半身だけの幽霊さんが撮れてしまいましたが、そんなもんより雪を見て雪を。
 
 
 
ま、大阪市内に着いたらよいお天気で雪なんて1ミリも積もってませんでしたけど。
 
 
 
朝8時。大阪駅までグローバルの森本社長が車で向かえに来てくれました。
そればかりかあやしげなアメリカンテイスト全開のカフェに誘っていただいて一緒に朝ご飯です。
やたら数が多くてプレートてりやきジャップやらグッドラックナゴヤやら聞いたことのない語感のメニューばかりなので、完全にフィーリングで注文します。

こっちは森本さんが注文したブレックファースト#4、500円。マグカップが気にかかるけど、まあ想定範囲内。
 

こっちが僕が注文したスージーヤージー、850円。
多いよ!(フォークやミルクポットと見比べてください)
普通のカレーライスの2倍くらいあるよ!朝から焼きそば牛スジてんこ盛りライスだよ!森本!知ってて黙ってたな!
 
ちなみにメニューにはこんな説明文が。
ギャラップ・New Mexicoで暮らすナバホ族の占い師スージーヤージーがPown shop(質屋)を経営するオルテガと、サンフランシスコに不倫旅行して町は大騒ぎ。ノーテンキな二人はチャイナタウンで食べたローメン(やきそば)に大感激。
すじ肉とししとうをソース味でからめたNoodleがごはんと非常にVery Much!

うるさいよ!ドラマ部分超余計だよ!

大阪ノリの罠にまんまとはまりつつ、森本さんには代金をご馳走になりました。素敵な森本社長、ありがとうございました(^∧^)
 

サークルスペース。

こんな感じでした。またいろんな方に来ていただいて、お手伝いも山ほどしていただき、とても助かりました。馬場さんがモンハンギルドカード集めばかりしていてスペースにあまりいませんでしたが、なんとかイベントを終え、楽しく過ごすことが出来ました。
 
 
あと、

コミトレメイド隊

コミトレメイド隊と銘打った、メイドコスプレのお嬢さん方が、無料でコーヒーやら紅茶やらをサービスしておりました。
もし七月先生が来ていたら大喜びだったろうなあと残念に思いました。

広石 匡司(管理者)
カテゴリー: 製作日誌 — 12:00  コメント (6)

C79受かりました

次のコミックマーケット79もおかげさまで出店できることになりました。(↑は缶バッジ使い回しのサークルカット)
スペースは

2日目12月30日(木曜日)、東4ホールシ-80ab

の合体スペースです。
サークル名は今までと同じ「HXL」「Z-END」です。

新作HXLマンガ満載の「HXL AFTERMISSION 04&05」と、新しい缶バッジコレクション、その他グッズ(出来れば)を用意してお待ちしております。
追加情報に注目しておいてくださいね。

広石 匡司(管理者)
カテゴリー: 製作日誌 — 13:38  コメント (5)

江古田ハロウィンパレード

10月31日に雨天順延して行われた江古田ハロウィンパレードはこんなでした。



こちらのキャラチョコはファンの方からのプレゼントだそうです。

ご来場くださった方々、ありがとうございました!

広石 匡司(管理者)
カテゴリー: 製作日誌 — 23:00  コメント (4)

リアルヒーロープロジェクト報告 2010年第3四半期

こんにちは、お久しぶりですがリアルヒーロープロジェクトのご報告です。

すっかり単行本も出なくなっているというのに、根気よくこちらを通してお買い物をしてくださっている方がいらっしゃるようで、少しずつですがアフィリエイト料は生じております。
前回の報告から1年半が経過して、ちょっとまとまったお金になりましたので切りよく32000円にして振り込んで参りました。
ひさしぶりだったのでまた忘れて筆圧薄くなってしまいましたすいません。

 これまでのUNICEFへの送金実績合計は、先日の新宿ロフトプラスワンでのチャリティ収益金(322440円)と合わせまして

562639円

です。 エクセレントです。
 お金がユニセフでどのように使われているかはこちらをごらんになってみてください。わずかなお金でも多くのこどものためになっているようです。

収益金のプールは(有)村枝プロダクションが責任を持ってさせていただき、周期的に黒柳徹子さんの口座に振り込ませていただきます。
これからも地道に続けていきますので、もしお買い物の時に思い出したら、こちらを抜けて買っていただくとうれしく思います。

広石 匡司(管理者)

明日からC78です。

明日からいよいよコミックマーケット78です。
AFTERMISSION02と03(各1000円)は、今日無事に出来上がっているのを確認しました。やっぱりマンガがいっぱい載ってるとテンション上がります。
ガシャポンマシーンも会場に搬入してきました。

明日は例年のように、関係者も顔を出します。来る予定の人は

村枝賢一
たかしげ宙
七月鏡一
馬場民雄
おとといきたろう
森丘一舟(Project ENJIN)
広石匡司

です。
 ただ、サインなどはよっぽど暇なときしかお受けできないと思いますのでご了承ください。

 1日目の「HXL」「Z-END」合体スペースにしかない缶バッジは全17種です。1カプセルに2種が入ったガシャポンを200円で1回ひねっていただけます。ただしギャラさんバッジだけは5種1組になってます。そのせいで作れば作るほど赤字なギャラさん。
同じ絵柄が1カプセルに複数入る事はありません。 数に限りがありますので、品切れの際はご容赦ください。

 缶バッジは今のところ同じ絵柄は再生産しない方針です。次以降はまた違う絵柄で作ると思います。多分。
 全種類同じ数を用意していますが、種類が多いためコンプリートはかなり困難だと思われますので、お願いですから無理しないでください。
 100円玉の両替が状況によっては受けられない可能性もありますので、小銭をあらかじめご用意していただけると助かりますです。

 みなさまのご来場、心からお待ちしています。

広石 匡司(管理者)
カテゴリー: 製作日誌 — 20:59  コメント (2)